2013年03月15日

ボーダフォン、マクラーレンとのタイトルスポンサー契約に今年限りで終止符

イギリスの携帯電話通信会社ボーダフォンが、マクラーレンとの7年間に及ぶタイトルスポンサー契約を今年限りで終了することが、現地時間(以下、現地時間)14日、両社から発表されたnike id。『ロイター』通信が伝えている。

 ボーダフォンとマクラーレンの契約は2007年に始まり、そのスポンサー額は年間最高7,500万ドル(約72億円)に達したが、ボーダフォンはマーケティング戦略を再検討した結果、契約終了を判断したと語っている。

 nike idマクラーレンのチーム代表、マーティン ウィットマーシュ氏は「2007年にボーダフォンが数々の野心的な挑戦を設定し、我々は一緒にそのひとつひとつ立ち向かい、越えてきたことをとても誇りに思っている。nike我々は、2013年シーズンを通して全パートナーのために好結果を出し続けることに集中しているし、今年末に大手のタイトルスポンサーシップを発表できることを期待している」とボーダフォンとの契約を振り返りながら、今後の展望についても語った。

nike id 一方、ボーダフォンのチーフコマーシャルオフィサー、モーテン ランダル氏は「我々はマクラーレンとの契約にとても満足している。我々の関係はボーダフォンのブランドを今の位置まで持って来るのに重要な要素だった。nike sbしかし、我々のブランドは進化しているし、将来においてこの種の露出の必要性は少ないとの結論を下した」と契約終了の理由を説明した。nikeなお、ボーダフォンは2008年にイングランド代表のクリケットチームへのスポンサー契約を終了nike idしたこともある。

 イギリスに拠点を置くマクラーレンは、F1の中でも最も成功を収めたチームのひとつで、ニュージーランド人の元F1ドライバー、故ブルース マクラーレンがチームを創設して以来50年間で、通算182勝、ドライバーズタイトル12回、コンストラクターズタイトル8回の輝かしい戦績を残してきた。nike ボーダフォンとの契約2年目の2008年にはルイス ハミルトンの手によりドライバーズタイトルを獲得し、2010年以降はもうひとりのイギリス人ワールドチャンピオン、ジェンソン バトンと契約している。

nike F1界で最も需要のあるドライバーのひとりであるL.ハミルトンは、昨年限りでマクラーレンを離れ、メルセデスに加入した。またマクラーレンの前テクニカルディレクター、パディ ロウ氏もメルセデスへ移籍すると予想されている。nike sbP.ロウ氏は19年間マクラーレンに在籍していた中心スタッフで、その離脱はチームにとって打撃になると見られている。

 L.ハミルトンのシートを埋めるかたちでザウバーからマクラーレンに移籍したのは、23歳のメキシコ人、セルヒオ ペレスである。nikeS.ペレスはそのモータースポーツキャリアを通して世界一の大富豪カルロス スリム氏が所有する有線電話通信会社の大手テルメックスからスポンサーを受けてきた。

nike sb S.ペレスの加入は、テルメックス、または他のメキシコ企業とマクラーレンがスポンサー契約を結ぶ前兆ではないかと一部メディアでは推測されてきた。なお、マクラーレン グループの株式の50%は、バーレーンの政府系ファンド、ムムタカラットが所有している。

nike id マクラーレンは今年12月2日に「エキサイティングな発表」を行なうと明言しているが、タイトルスポンサー変更以外にも今後のエンジンパートナーについても憶測が飛び交っている。

 来年は現行の2.4リッターV8エンジンに代わり、1.6リッターV6ターボエンジンが導入されるが、マクラーレンは2014年いっぱいまでメルセデスエンジンを使用すると主張してきた。しかしその後、ホンダが復帰する可能性については質問をはぐらかしている。

nike sb M.ウィットマーシュ代表は「今のところ今後3年間に及ぶ契約があり、来年は間違いなくメルセデスベンツとともに参戦する。ポルシェ、ヒュンダイ、ホンダについては記事を読んだし、それらは励みになるものだと思うnike。このスポーツは新たな自動車メーカーの参入を必要としているし、もし何らかのかたちで我々がそれに役立つのなら、そうするよ」と新たなエンジンサプライヤーとの提携に前向きな姿勢を見せていた。nike sb
posted by nikesb at 16:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。